「不思議な花園」オリジナルぬりえ無料ダウンロード

「不思議な花園」.pdf 

どこかで見たような初めてみるような、不思議な花々が咲いている花園の塗り絵です。

お花はもちろん大好きです。咲いていれば自然に目がいき、花屋の前ではしばし足を止め、というのが花ですね。お部屋で花瓶にいけてあれば、やはり視線はそこに定まる。

それって何故なんだろう、なんて考えても考えなくてもいいことを考えたがっていた今よりずっとずっと前に、

「花は生命力の発露で、生きている輝きそのものの比喩なんだ」

とかいう固い言葉で意味をつけて、なんとなく納得していた頃がありました。

その考えは変わっていないけれど、まあそんなに大仰にしなくても「きれいなものはきれい」だけでも良いんじゃないか、と今は思います。

 

いまは単純に「きれいだなあ」「なんてきれいなんだろう」と香りを楽しみつつ、日々の眼福を与えてくれるお花屋さんに感謝の気持ちを持ちつつです。そうですねたまには買ったりもしよう。

 

描くテーマとしても花はとても魅力のある題材です。

写生よりも、その日の気分で「きっとこの世のどこかにはこんなお花が咲いているに違いない」とか思いつつ好きに描くのが楽しいです。

そして好き勝手に描くために、花びらの重なりとか、萼(ガク)の感じとか葉っぱのつき方とか、お花の形をじぃっとみるのが習慣です。たくさんたくさん見て覚えて、描くときに自然に出てくるといいなと思っています。

たくさんのお花がにぎやかに咲く花園の塗り絵。好きな色で思い思いに楽しんでください。

カラーラインの塗り絵は「カラー線画」のタグでご覧いただけます。こちらもどうぞご利用ください。

「不思議な花園」PDFファイル・印刷はこちらから

不思議な雰囲気の花が咲く花園の塗り絵