「わるネコのいる3軒の家」オリジナルぬりえ無料ダウンロード

「わるネコのいる3軒の家」.pdf

ブサかわいい、わるネコちゃんがお家にいる塗り絵です。

目つきが悪いので不機嫌に見えるけれど、本人はいたって平和に楽しく暮らしている、

「わるネコ」ちゃんのシリーズ2回目のご紹介です。

〔ぬりえラボ〕の塗り絵では、今回の画像のように一つの画面に3~5個の図柄を入れることがよくあります。

これには理由があります。

小さいお子さんや重度の知的・機能的な障害がある方は、

塗り絵に取り組む際に、

「鉛筆の先が図柄に届く」

ということが一番の目的になります。

もっと言えば「鉛筆をにぎる」「線をひく」から始まるわけです。

そしてガシガシガシと、この図柄でいえば猫ちゃんの顔のところに数本の線をひければ

「わぁできたねよくがんばったね~」

となるわけです。

最初はここからスタートです。

驚かれるかもしれませんし、ちょっと違和感もおありかもしれません。

でも私たちみんな、最初から筆記具を上手に持てていたわけではないし、

線をなめらかにひけていたわけではないのですね。

なんどもなんども、ずっとずっとやったから出来るようになったんです。

その「ガシガシガシ」。

ひとつの図柄が描いてある塗り絵だと、1枚の紙に「ガシガシガシ」1回で終了です。

でも1枚の紙に3つの図柄があると、「ガシガシガシ」が3回できるわけですね。

ということで結論はエコ目的です。

複数の図柄を画面にいれるのは節約の観点からなのでした。

楽しく「ガシガシガシ」をして褒めてもらえて嬉しくなって、

物の名前を憶えていき、色の種類を知っていくことができます。

その過程がさらに楽しいものになるよう

シンプルで魅力ある塗り絵を増やしていきたいと思っています。

 

ぶさかわ猫の塗り絵

「わるネコのいる3軒の家」PDFファイル・印刷はこちらから