「花のマンダラ・百合」オリジナルぬりえ無料ダウンロード

「花のマンダラ・百合」.pdf

ユリの花をイメージしたマンダラ塗り絵です。

ネット等でよく見かけるマンダラ塗り絵の画像は、パソコンソフトの描写がほとんどのようです。私はあまり詳しくはないのですが、描画ソフトを使って図形や線を複製・反転していくと作れるもののようです。

ベジェ曲線という、コンピューター上での滑らかな曲線があります。大きく拡大してもピクセルの四角四角のガタガタの線にならない、とても便利なもの、最近の印刷分野では必須のものです。

〔ぬりえラボ〕の塗り絵は、私がローテクなことと、パソコンを開かなくても紙とペンがあればいつでもどこでも描けるという、ローテクならではの利便性(?)から、オール手描きで描いています。これはこの先も変わらないと思います。

デザインを仕事にしている友人が〔ぬりえラボ〕の塗り絵画像について、「線と線の密度が目にやさしい」とコメントしてくれたことがありました。専門家というのは目のつけどころが違うものだなあと感心したのですが、そういう視点で見てみると、なるほど、自分が気持ちいいように紙を線で埋めた結果が塗り絵になっているのだなあと気がつきました。

今回ご紹介しましたマンダラも、ぜんぶ手描きで定規も使っていません。定規で引いた線の硬さと、手描きの線との馴染みの悪さがなんというか心地よくない気がするからです。というか考えて決めたわけではなくて、定規を使おうと思ったことがありません。

その理由など考えたこともなかったのですが、勘というか本能というか、直観レベルで「気持ちよさ」を求めていたのかなあと、デザイナーの彼女の言葉で思うに至りました。

パソコン描写による無機質なベジェ曲線のマンダラは、仕上がりもストイックでカッコいい感じです。まあ好みはそれぞれですね。〔ぬりえラボ〕では私の引く、とろりとのんびりした線を楽しんでいただければと思っています。

「花のマンダラ・百合」PDFファイル・印刷はこちらから

ユリの花をイメージしたマンダラ塗り絵