猫の塗り絵を塗ってくれました(小学2年生と3年生)

福岡市中央区のこども絵画造形教室ぷりずむさんよりの活動報告です。

小学2年生と3年生のお友達が、〔ぬりえラボ〕の猫の塗り絵をとっても素敵に塗ってくれました。
花と猫の塗り絵の完成図花と猫の塗り絵を塗った図

1枚目の、赤紫の耳が印象的な色鮮やかな猫ちゃんは、小学2年生の作品。

色鉛筆でこれだけ鮮やかな色彩を出すには、色鉛筆をしっかり握って筆圧をかけないと出来ないことです。きっと手も疲れるはず。赤系の華やかな色彩を中心にして、青や緑ののアクセントが効いています。お目目は紫系を使ってる?。かっこいい色合いで、見ていると元気がでてくる感じですね。

2枚目の作品を塗ってくれたのは、小学3年生のお友達だそうです。

これまた素敵。大人っぽい色彩ですね。私はこういう渋い中間色大好きです。淡く優しい色彩なようでいて、猫ちゃんのお目目にはしっかりと工夫が凝らされています。色の変化が豊富で楽しい。花瓶にもたくさんの色が使ってあって、グラデーションのテクニックも使ってるのかな。スゴい!。初夏の彩りの雰囲気でなんともイイ感じ。

同じ教室で同時に色塗りをすると、けっこう一緒に作業している人のやり方に内容が引きずられてしまうことって多いのです。でもこの2つの作品が全くちがう個性で、どちらもこんなに素敵なのは、きっと指導されている先生のイズムが教室の皆に伝わっているからでしょう。のびのびと作り描くことを楽しんでいる様子が、この2つの作品からも伝わってきます。

実際に子どもたちが塗ってくれた作品を見せていただけるのは、毎回ながら感激です。

ありがとうございました。

「猫と花びん」PDFファイル・この塗り絵を印刷する

花瓶と猫の塗り絵