「花と鳥たち」オリジナルぬりえ無料ダウンロード

「花と鳥たち」.pdf

色々な種類の花の中に鳥たちがいる塗り絵です

コスモス、ユリ、ツバキ、ラナンキュラス、デイジー、ダリア、などなど沢山の種類の花が咲き乱れる花園、鳥たちは思い思いの姿で生を謳歌している。そんな様子を塗り絵にしました。

先週よりの「線ってなんだ」の試行錯誤が、こういう表現につながりました。

いろいろな線の描き方を試してみて、どの道具と手を動かす速さが自分にとって納得いくか、なんて順列組み合わせをやってみた結果、一番しっくりきて「ひとりでに手が動き出した感」があったのが、丸ペンと墨汁の組み合わせでした。

漫画家があこがれの職業だった幼いころ、背景のカケアミ練習のために購入した丸ペン(一部の昭和の方には懐かしくて涙が出る話)。

あの丸ペンのペン軸の、手のひらにおさまる感じがなんとも良く、

墨汁に関しては、線に「ほんのちょっと盛り上がりがある」ところ。乾いた後の画面をなでると感じられる微妙な質感に、なにか納得がいくおさまりがありました。

あとはするするすると流れ出てくるように画面が現れてきてくれた、という感じでした。

線の途切れやかすれもそのまま生かしてあるので、塗り絵として色をつけていくには、ある種の解釈も必要な部分があると思います。〔ぬりえ〕としては誰でもが塗りやすい画像ではないかもしれませんが、「塗る人の個性が生かされる」と言うこともできるかと思っています。

塗りたいところにだけ色を置いてみても良いし、丸ペンの細い線をなぞって自分なりの輪郭線を描くのも面白そうです。自由な解釈で楽しめる「上級者向け塗り絵」のカテゴリーで公開していきたいとおもいます。

「花と鳥たち」PDFファイル・印刷はこちらから

花と鳥の塗り絵