「金魚と和模様」オリジナルぬりえ無料ダウンロード

「金魚と和模様」.pdf

美しく繊細な、和模様と金魚の塗り絵です。

日本の伝統紋様と金魚を組み合わせた、夏らしい塗り絵のご紹介です。

〔ぬりえラボ〕の得意ジャンルの和の伝統的な模様に、リアルな描写の金魚を泳がせてみました。

ということで、

金魚うんちくなどを少し。

金魚ってフナの突然変異なんだそうです。

祖先であるフナと同様に「染色体が倍化」しているそうで、そのために突然変異がおこりやすいそうです。

(初めて聞く言葉でなんのこっちゃですが、染色体が倍だったら掛け合わせの結果がたくさんになるのかなと、ざっくり理解しました)。

和金・・フナの形に近い

琉金・・ずんぐりしていて長いヒレ

出目金・・目が出てる

なんていうのは有名どころ。

今回の塗り絵に描いたのは、どうやらリュウキンとデメキンですね。

知ってたのは出目金だけでした。あ、それと「らんちゅう」っていうのも知ってた。

以上、Wikipedia眺めて「ほーっ」と思ったところの抜き書きでした。

背景には涼しげな流水紋を中心に配置し、左右に日本の伝統的な紋様を波の形にはめ込みました。

かなり細密で、塗りごたえのある一枚となっているかと思います。

酷暑の候。涼しいお部屋でたっぷり時間をかけてお楽しみください。

(※画像には参考例として色をつけてありますが、印刷用PDFファイルは白黒の輪郭線のみのプリントになっています)。

「金魚と和模様」PDFファイル・印刷はこちらから

金魚と和の模様の塗り絵