浮世絵ぬりえ「歌麿 Utamaro」オリジナルぬりえ無料ダウンロード

「歌麿 Utamaro」.pdf

美人画で江戸の人々を魅了した、喜多川歌麿の塗り絵です。

ひとりの絵師に焦点をあて、複数の作品を構成した浮世絵ぬりえシリーズ。

今回取り上げたのは、

喜多川歌麿(きたがわうたまろ)

です。

代表作の

ビードロを吹く娘

を中心にして多彩な女性像を組みあわせて描きました。

歌麿は町娘や花魁、春画など、女性表現で右に出るものは、という存在ですね。

今回描いてみて気づいたのは、女性たちの個性と息づかいでした。

以前は

「浮世絵の女性の顔はパターン化されていてどれも同じ顔」

なんて思っていましたが、

実際に描いてみて、その雰囲気を再現しようと思うと、それがなかなか難しい。

つんとすましている顔に見えたり、妖艶に見えたり、勝気さや凛とした強さ、

いろんな表情が見てとれて、

それは驚きでもありました。

描いてみなければわからなかったことでした。

きっと江戸の人々も、この小さな目もと口元の

かすかな表情からいろいろなものを読みとり、想像をふくらませていたのでしょう。

それと、歌麿といえばやはりというかやっぱり、春画。

奥深いです。けっこうディープです。

大人の方には物足りなさもおありかも。

ですがここでは中高生のお勉強にも役だてて頂きたい、という目標もありますので、

匂わす程度の表現に着地させています。

*

この「歌麿 Utamaro」をふくめた浮世絵塗り絵を8作品まとめて、

浮世絵ぬりえシリーズとして公開しています。

こちらもあわせてお楽しみください。

※冒頭の画像には着彩例として色をつけてありますが、印刷用PDFファイルは白黒の線画となります。

「歌麿 Utamaro」PDFファイル・印刷はこちらから

歌麿の浮世絵塗り絵